天使のいない12月 攻略ページ
 
キャラクター別攻略フローチャート

☆キャラクター別攻略:榊 しのぶ編
 今回はフローチャート風にまとめてみました。いちおうCGは全て回収できるようになってるはず……。
なんか拾いあげて……まさか、手に持ってるの、俺の吸い殻……?
・イベントCG[1-02]
「まったく、男がよってたかって女の子をいじめて泣かすなんて恥知らず!!」
・イベントCG[2-01]
「ちょうロングシューッ!!」
・イベントCG[5-01]
「一度きりの……やり直しができないことなら、気持ちよくなりたい……」
・イベントCG[1-08〜10] ・シーン回想[01]
好きだから抱いたんじゃない。ただ、俺は自分の心の奥にあった欲望に流されただけなんだ。
・イベントCG[1-01] 【選択肢分岐ポイント】
これでよかったのか? どうせ、いまだけだ それでもこの快感だけは本当だ

※雪緒編チャート参照 ※真帆編チャート参照
「まさか、透子に……」
【選択肢分岐ポイント】
歯向かう 言い訳する


このまま、栗原を求めていいのか?
【選択肢分岐ポイント】

身体を求めてみる なにもしないでいる

▽ Bad End ▽
「キミがウワサの新人バイトくんね。逃がさないんだから♥」
・イベントCG[3-01]
※前の選択肢で『歯向かう』を選択した ※『言い訳する』を選択した
「気になるの? そのコのこと……」
・イベントCG[3-03〜04]


「べつに年下の男の子をこっそり食べちゃおうなんてわけじゃないんです」
・イベントCG[3-05]


「どうかなさいましたか、お客様……」
・イベントCG[4-03]
死ぬまで泣いてる気か? 死んだ子犬を抱いて、お前まで死ぬ気か?
・イベントCG[1-05] 【選択肢分岐ポイント】
放っておくのか? 透子を罵倒する

※明日菜編チャート参照
あのときと同じように求めていいのか?
【選択肢分岐ポイント】
透子を追い出す 透子と関係をもつ
▽ Bad End ▽
俺はただ、栗原の柔らかくて滑らかな肌の感触を味わいたかった。
・イベントCG[1-11〜13] ・シーン回想[02]
このままの関係でいいのか?
【選択肢分岐ポイント】
このままつき合ってしまう あいまいなままにしておく
※真帆編チャート参照
透子……? いまさら? なんで?
【選択肢分岐ポイント】
無視する 一応出てみる
▽ Bad End ▽
「ちょ、ちょっと待てよ!!」
【選択肢分岐ポイント】
栗原のことだし仕方ないか くそ、わけわからん! むかつく!!
▽ Bad End ▽
「……栗原」
【選択肢分岐ポイント】
抱き締める 抱き締めない

▽ Bad End ▽
抱き締めてひとつになりたかった。それが、ただ栗原を辱めたい、そんな薄汚れた欲望であっても。
・イベントCG[1-04、1-14〜16] ・シーン回想[03]
ん? 誰かいるのか?
【選択肢分岐ポイント】
見せつけてやる 確かめてやる
※透子編チャート参照
女の子が目の前で失禁するという異常な光景に目を奪われて、立ち尽くす。
・イベントCG[2-02]
俺は榊の股間に差し入れた指先をかき回す。
・イベントCG[2-06〜07] ・シーン回想[10]
教室の扉、開いてる……。もしかして……榊か?
【選択肢分岐ポイント】
俺には関係ないことだ 榊を放っておけない
▽ Bad End ▽
「痛みを感じたとき、私になにかが戻ってくる。生きてるってわかる」
・イベントCG[2-05]
考えたくなかった。だけど、俺は……。
【選択肢分岐ポイント】
しのぶを抱く しのぶを抱かない

▽ Bad End ▽
俺は榊を机の上に座らせると、その股のあいだに顔をうずめた。
・イベントCG[2-08〜10] ・シーン回想[11]
もはや、壊れかけた榊には、それが罰なのか、望みなのかわからなくなってるのかもしれない。
・イベントCG[2-11〜13] ・シーン回想[12]
「しーちゃんにあたしたちのこと、話しちゃってもいい?」
【選択肢分岐ポイント】
話していい そうしていいのかわからない
▽ Bad End ▽
『バイト中ならいいわ。忙しいんでしょ?』
【選択肢分岐ポイント】
会いに行く 会いに行かない

▽ Bad End / ・シーン回想[14]▽
「お願いだから、開けてっ!!」
・イベントCG[2-03]
榊の嘆き。それはいつまでも終わることなく。
・イベントCG[2-04]
夕陽が榊の身体を赤く染め上げる……。
・イベントCG[2-14〜17] ・シーン回想[13]
足跡が交わることはきっとない。だけど、ふたりはそこにいる。手を伸ばせば、指の先にきっと……。
・イベントCG[2-18〜19] ・シーン回想[27]
しのぶトゥルーエンド

 
<< Back to MenuPage