こもれびに揺れる魂のこえ - 攻略ページ
 
「こもれびに揺れる魂のこえ」キャラクター別攻略♪

☆キャラクター別攻略:スイ編
 この攻略チャートはあくまでも一例であり、必ずこの選択肢でないといけないわけではありません。
 あと、正解の選択肢を無視してチャートを使用される際は『自己責任』ということでお願いしますね。
麻宮
@何故か・・・何故か、静かにそっと読まなければならない気がしたから・・・・。
 【選択肢:手紙を読まない(ばっどえんど?) / ○手紙を読む】※メインキャラをひとりクリアして以降に出現・・・
旅立ち
出会い
@「スイちゃんっていいます。少し・・・恥ずかしがりやさんなんです」
 【選択肢:○美しい響きの名前だと思った。/ スイに微笑んだ】
@ふと視線を落とすと、床に少女が倒れている。[Album:1-18]
箱庭の家
@「いいけどねー、勝手に部屋とか入らないでよっ」
 【選択肢:アヤナにあわてて返答した / ○ほんの少しむっとしながらも】
@「大丈夫、僕がこれ全部食べるから・・・実はね、さっきから食べたいなぁと思ってたんですよ」
 【選択肢:ためしに1個たべてみた / ○微笑みかけ、パンを皿に移した】
@「わぁ、おいしそうじゃん、いっただきまーす」[Album:1-01〜02]
@「・・・びっくりした、こんなところにいたんですね」[Album:1-03]
訪問者
@一人の少女が、ぴったりと足をそろえてソファに腰掛けていた。[Album:1-04]
 【選択肢:ツバキに微笑んだ / ○ツバキを眺めていた】
@ボクはスイの長い髪の毛をまとめているリボンの上に、その新しいリボンを重ねた。[Album:1-05]
 【選択肢:○スイの顔を見た / 重ねられたリボンを見た】
@親にしかられる要らずラッコのように、アヤナはぷいっとむくれて、視線をはずし黙ってしまった。[Album:1-06]
@僕はアヤナの目の前で、てにした箱を開ける。出てきたのは、ころんと丸い石鹸だ。
 【選択肢:任せてくださいと、胸をたたいてみた / ○石鹸を手にとってアヤナにみせた】
学校
@少女たちは輝くような笑顔で僕に返事をしてくれた。
 【選択肢:アヤナにそっとうなずいた / コハルにそっとうなずいた / ○スイにそっとうなずいた】
@しかし少女たちにとって、そんなことこそが重大な出来事なのだろう。
 【選択肢:コハルの懐かしむような声が気になった / ○3人は「制服」を知っているのだろうか】
こもれびの教室
悲しみのお姫さま
@「麻宮さん、このお茶を持っていってもいいですか?」
 【選択肢:コハルにうなずいた / ○アヤナにうなずいた】
@「どんなお話なの?」[Album:1-07〜08]
@「誰でも、愛してほしい気持ちはありますからね。」
 【選択肢:○「スイもきっとそうですよ」/「スイはどうなのかな?」】
届け物
@ツバキは窓に手をやり、じっと丘を見つめていた。
 【選択肢:ツバキをこもれびの教室に誘う / ○一緒に丘を見つめていた】
コハルの部屋
花の庭
@アヤナは一番きれいな皿の上にスプーンを置くと、指先ではじいた。[Album:1-09]
@やがて慣れない手つきで食器を洗いはじめる。[Album:1-10]
 【選択肢:○「スイ、上手ですよ」/「スイ、ゆっくりでいいですよ」】
@スイは庭のほうにふみだして、水を含んで重くなったスカートの裾をぱたぱたとふった。[Album:1-11]
秘密
@「あ、・・・どうして?」[Album:1-12]
@頬をふくらませてアヤナはぷいと横をむいてしまった。
 【選択肢:注意する / ○優しくきく】
@「ほら、右の足が少し腫れているようですね」[Album:1-13]
ピクニック
予感
@「こんにちはー。勝手に入っちゃってごめんなさいね」[Album:1-14]
@コハルは、さっきまでの威勢をなくしておろおろと僕の方へと振り返った。
 【選択肢:マオに微笑んだ / ○コハルに頷いた】
@「か、ぜ・・?でもあたし、本当に平気なんだってば」
 【選択肢:本当ですか? / ○でも・・・・・】
@アヤナの身体がバランスを失って、ゆっくりと傾いてゆく・・・・[Album:3-13]
ひとつだけ
@ぼんやりとスイの瞳の中に映りこむ僕は、まだ夢の中の登場人物のようだ。[Album:1-18]
 【選択肢:スイに声をかけた / ○スイが起きるのをまった】
@「お花・・悲しそうなの」[Album:1-19〜20]
@コハルはなにかを読んでいるのだろうか、少しうつむき加減で、僕やスイに気づく様子もなかった。
 【選択肢:○スイに何をしているのか聞いた / スイといっしょにのぞきこんだ】
@「スイちゃん、麻宮さん・・・どうしたんですか?」
 【選択肢:○すこしあたふたした / コハルに笑顔をむけた】
思い描くもの
@「お家・・・・かぁ」[Album:3-14]
@「このお嬢さんがね、みんなはあっちにいるよって言ったらここへ来たみたいって・・・」
 【選択肢:○マオにツバキを紹介した / ツバキに笑顔をむけた】
@「いっぱい載ってますね・・・」[Album:2-01]
@スイが手にしていたガラス玉をナツキに差し出した。[Album:2-02]
まどろみ
@「いきますよー、麻宮さん」[Album:5-19]
@「もう!いじわるなこと言わないでくださいっ」[Album:5-20、6-01〜02]
@萌える緑、見覚えのある建物たち、ここは僕の記憶の底にある、懐かしい場所だった。
 【選択肢:○懐かしさで胸がいっぱいになった / 泣き声が気になった】
わがままな気持ち
@いつの間にやら後ろに立っていたスイが、僕の髪に触れている。[Album:2-11]
もういないもの
@「先生・・いなくなるの・・・やだ」[Album:2-04]
☆スイHシーン1[Album:2-05〜08]
訪問者
@写真のなかの幸福そうな子供は、スイだった。[Album:2-03]
無邪気な瞳
@「せんせいっ!」[Album:2-09]
@「・・・先生は、スイのこと・・・」[Album:2-10]
事件
@「スイがいてよかった?」[Album:2-04]
古い日記
その朝
ふたつの心
@ひとつだけ、まだ探していない場所があった。
 【選択肢:○花畑 / ×青空教室】※(×)の選択肢でBルート・・・

【Aルート】
@「ふにゅっ・・・先生どうしたの?」[Album:2-12]
☆スイHシーン2[Album:2-13〜2-20、3-01]
@「だって先生のこと、大好きなんだもんっ」[Album:3-02〜03]
 〜 end of story(スイ編 グッドエンディング)[Album:3-06]

【Bルート】
@スイはベンチの上にちょこんと座って、夜空を見上げている。[Album:3-04]
@「・・・さよなら、先生」[Album:3-05]
 〜 end of episode(スイ編 ノーマルエンディング)

 
<< Back to MenuPage