おとめ     ボク
さましてる 攻略ページ
 
Character Select // shion / mariya / kana / yukari / takako / ichiko //

☆キャラクター別攻略:十条 紫苑編
 この攻略チャートは一例であり、必ずしも指定の選択肢でないと進めないわけではありません。
 基本的に紫苑お姉さまの好感度が上がる選択肢(し+1)を選んでいれば問題ないと思いますので……。

第一話:梅雨空は憂い顔と共に
▽「なんで…こんな事になっちゃったんだろう……」Album[1-04-v1〜v3]

▽「でも、お祖父様のご遺言だってことだし、仕方がないんじゃないの?」Album[4-02-全]

▽「えっ、こ…これが……僕?」Album[4-03-全]

▼ でも、このまま三分間後ろで見ているわけにもいかないしな……。
 【選択肢:後ろから支えよう / 声を掛けよう】

▽「あの……ひょっとして、奏ったら階段を塞いでしまっていましたかっ?」Album[2-14-全]

▽「お早うございます、お姉さま方」Album[1-09-v1]

▽「……初めまして、宮小路瑞穂さん」Album[1-07-v1]

▼「こんな事を聞くのはやはり変かしら……でも、私にはそう見えるのですが」
 【選択肢:そうです / いいえ】

▽「か、奏…瑞穂さまのこと……お、『お姉さま』って呼んでも…いいですか……?」Album[4-05-v1〜v4]

☆ 瑞穂ちゃんHシーン[SCENE:01]
 ▽「なにを驚いてるのよ……昔は一緒にお風呂に入ったでしょう?」Album[1-01-v1〜v3]

▽「まあ…なんだか本物の胸みたいですわね……やわらかい…それにちょっと暖かいです」Album[1-15-全]

▼ そうこうしているうちにディフェンスが集まってこようとし始める。僕は……?
 【選択肢:シュートを打つ / パスをまわす】

▽「いっただきまぁーす!」Album[3-12-v1〜v2]

▽「瑞穂さん……?」Album[4-07-v1〜v2]

▽「……あなたが、宮小路瑞穂さん?」Album[5-11-v1〜v4]

▼「…それにしても、お噂では瑞穂さん、進学校からいらしたのでしょう? 何故世界史を?」
 【選択肢:面白そうに見えたのかも(た+1) / 貴子さんはどうしてですか?】

▽「……今日は、いつもより随分と賑やかなのね」Album[1-04-v4〜v5]

▽ ……これはきっと…何かの悪い夢に違いない……。Album[1-12-v1〜v4]

▽「待ってて紫苑さん、今保健室に……っ……!」Album[1-14-全]

▽ ……何で、こんな事になっちゃったんだろう? Album[1-04-v6]



第二話:お転婆花嫁幻想曲(ファンタジア)
▽「いえ……どうしてお姉さまの部屋だけ北側にあるのですか?」Album[1-09-v2〜v5]

▽「はぁぁ…そうだった、どうしよう……」Album[1-10-v1]

▼「で、ですから……謝って頂く類のものではないと申し上げています」
 【選択肢:相手が幽霊では… / 今、出来ることは…(た+1)】

▽「ごっ、ごごご、ごちそうさまでしたぁっ!!」Album[1-09-v6〜v7]

▼「は、はい……ちょっと怖いですけど、お姉さまが隣にいて下されば…その、一人で寝るより怖くないと思います…っ」
 【選択肢:部屋に送ろう / 一緒に寝てあげよう】

▽「手を……つないで……くださいませんか………?」Album[3-03-v2〜v3,v5]

▼「っく……ぅ……うぇ……っ…」
 【選択肢:どうしたの?(か+1) / 大丈夫だから】

▽「お姉さま……けど……」Album[3-09-v2]

▼「今日、演劇部の先輩が、この部屋が使用禁止になった経緯を教えてくださったのですけど……
 【選択肢:聞かないでおこう(か+1) / 聞いておこうかな】

▽「えと………んっと………」Album[2-08-全]

▽「お姉さまっ……!」Album[4-14-v2]

▽「はい、お休みなさい…お姉さま……」Album[5-02-全]

▽「それで……一子さんはどうなさったのですか?」Album[1-04-v7〜v8]

▼「この学校は外から見えないようにといろいろと苦心されているようですから……」
 【選択肢:ジョギングコース?(ま+1) / のぞき対策ね……(し+1)】

▽「紫苑さん……?」Album[1-13-v1〜v3]

▽「お帰りなさいまし、お姉さま〜!」Album[4-14-v1]

▽「………というわけなのよ、わかった?」Album[1-01-v5]

▼ そうだ……恥を忍んで紫苑さんに頼んで……うっ、でも…なんて頼んだら…。………どうしよう?
 【選択肢:まりやを探しに(ま+1) / 紫苑さんにお願いする(し+1)】

▽「な、なんじゃこりゃ━━っ?!」Album[1-01-v4]

▽「あ、あの……なんだか周りの反応がすごいんですけど……」Album[1-02-全]

☆ 一子ちゃんHシーン[SCENE:11]
 ▽「お姉さま……大好きです……んっ………ん…ふ………」Album[5-01-全]
 ▽「…お姉さま……は、恥ずかしいです………」Album[5-03-全]



Interlude:薄荷
▽「そうですかぁ…どうりでお姉さまの部屋からたまに不思議な音がするなあ、と思っていたのですよ〜」Album[1-09-v10]

▽「お姉さま……お姉さま、お姉さま………っ………!」Album[2-13-全]

▼「瑞穂くんは、きっと気になる子でもいるのね……それとも、臆病なだけかしら?」
 【選択肢:…………… / 臆病なだけ】

☆ 緋紗子先生Hシーン1[SCENE:14]
 ▽「ふふっ、もう元気なのね……んっ」Album[2-15-全]
 ▽「うん…お尻に…して、いいよ……ごめんね、私、シスター…だから、前は………ダメ……なの……」Album[1-05-全]



第三話:真夏の夜の恋人たち - サマーナイトラヴァーズ -
▽「うーわ、なんか…今日はついてなぁい……」Album[1-09-v15]

▼「さ、お姉さまの番なのですよ〜」
 【選択肢:ルーレットを思いっきり回す(↓) / ルーレットを手加減して回す(ま+1)】

  ▼ ……どうしようかな。
   【選択肢:奏ちゃんからもらう(か+1) / 由佳里ちゃんからもらう(ゆ+1)】

▽「ぅぉぉぉぉ…………むっき━━━━━っ!」Album[1-09-v16]

▽「それにしても、なんでいきなりゲームなんか持ってきたの?」Album[1-09-v17〜v20]

▼ そんな事を考えているうちに、世界史の授業は終わりを告げ、貴子さんは教室から出て行こうとしている。
 【選択肢:謝っておこう / お昼に誘ってみよう(た+1)】

▽「第二音楽室の怪……ですか?」Album[2-01-v2]

▽「瑞穂さん、窓の方は終わりましたか?」Album[1-07-v2]

▽「奏……お姉さまに迷惑ばっかり……今だって……」Album[2-09-v1〜v2]

▼「第二……音楽室………」
 【選択肢:思っている事をぶつける(↓) / 黙っている(し+1)】

  ▽「緋紗子お姉さま…………っ……!!」Album[1-08-v1〜v2]
  ▽「……もう、そーゆーことを云うと見せたげませんよ?」Album[2-02-v1]
  ▽「あっ…ああっ……お姉さまがっ…お姉さまが入ってっ…入ってくるよぅっ……ああぁあぁっ………!」Album[1-06-全]
  ▽「お姉さま、大好きです………やっと……お姉さまに全部あげられた……うれしい………んっ…ちゅ……」Album[2-02-v2]
  ▽「詩織…………………」Album[1-08-v3]



第四話:私たちの十月革命
▽「ふぁ……最近は事件もなく、平和でいいですわね、お姉さま」Album[1-04-v10]

▼「瑞穂さん、お昼をご一緒しませんか?」
 【選択肢:紫苑さんと昼を一緒に(し+1) / 遠慮させてもらう(↓)】

  ▼「あれっ、お姉さま、まりやお姉さま……」
   【選択肢:まりやと一緒にお昼を(ま+1) / 奏を連れて逃げる(か+1)】

▽「で……瑞穂さんは、生徒会への異議申し立ての仕方はご存知ですか?」Album[2-01-v1]

▽ 夕食後、みんな揃って食堂のテレビの前に集まる。いわゆる夜の連続ドラマの時間帯だ。Album[1-09-v22〜v23]

▽「はい、お姉さま。まりやお姉さまもお待たせしました」Album[1-09-v24〜v25]

▽「おはようございます、お姉さまっ!」Album[1-04-v11]

▽「あの、えっと……まりやお姉さまは英語…お得意ですか?」Album[1-09-v26]

▽「昨夜、珍しく勉強というものをしてみたのですが……これが、なんとも……」Album[1-04-v12]

▽「…………なんですか?」Album[5-11-v1〜v3]

▼「はぁ…。お姉さまは、私が血も涙もない女だとお思いなのでしょうね……」
 【選択肢:そんなことはない(た+1) / そうですね】

▽「その通りですわ、お姉さま」Album[5-11-v4]

▼「はい…私なら多分、皆様に気付かれずに見ていられると思いますし……」
 【選択肢:お願いする(か+1) / やめておく(ゆ+1)】

▽「どう、瑞穂ちゃん。多数派工作はうまくいってる?」Album[1-04-v13]

▽「奏が孤児だろうと、何だろうと、そんなことは関係ない! この子は私の大切な妹です!」Album[3-01-全]

▽ 奏は、孤児院で育ちました。お父さんの顔も、お母さんの顔も知りません。Album[2-10-全]

▽「夕べ? ああ…『懐かしのアイドル、あの人は今!』っていうテレビ番組やっててさ……みんなで見てたの」Album[1-09-v27]

▼「例えば『犬を可愛がりたい』と『閉じている鍵を開けたい』だったら……今のあなたにより近い気分はどちらかしら……?」
 【選択肢:鍵………かしら(し+1) / 犬……でしょうか(ま+1)】

▼ あ、でも今日は夕日が綺麗だし、少しくらい遠回りしても良いかもね……。
 【選択肢:いつもの西階段から(か+1) / たまには東階段から(ゆ+1)】

▽「奏、なんだかお姉さまの膝の上…とっても気持ちが良いのですよ〜」Album[4-05-v5〜v6]

▽「あれ、瑞穂ちゃん珍しいね……一人でテレビなんか見ちゃって。どうしたの?」Album[1-09-v28〜v29]

▽「宮小路さん、申し立てによると、十月八日付けで私が出した周防院奏さんへの指導戒告に対する…Album[1-12-v5〜v7]



第五話:華麗なる陰謀劇(マスカレード)!?
▽「………段々、賑やかになってきたわね」Album[1-04-v14]

▽ だめだ……圭さんが全力疾走しているところが想像できない……。Album[1-10-v2]

▽「それじゃあ、本当にお姉さまが主役で劇をおやりになるんですか!」Album[3-12-v4〜v5]

▽「今、まりやお姉さまを見かけましたが……また先にお出かけになってしまわれたのですか?」Album[1-09-v41]

▽「あ……わかっちゃいますか……お姉さまには」Album[3-12-v6〜v7]

▽「部長さんは本気になるととても怖いのですよ〜」Album[1-09-v31]

▽「………あ、あの、どうでしょうなのですよ?」Album[2-11-全]

▽「ごめんなさいね、貴子さん……!」Album[6-05-v2]

▽「ごちそうさまでした……じゃあ、先に行くわね」Album[1-09-v38]

▼ どうも、ここのところいろいろ起こりすぎて、頭の中で今ひとつ整理し切れていない感じだ……僕は今、何を一番気に掛けてるんだろう?
 【選択肢:まりやの事……かな / 自分の舞台の事かな / 奏ちゃんの舞台の事…?(か+1)】

  ※『自分の舞台…』
   ▽「……何しに来たの」Album[4-04-v1]
   ▽「やっ、やめて……瑞穂ちゃ…………」Album[4-06-v3〜v4]
   ▽「こんなの、たいしたことないもん……いたっ!」Album[5-08-全]
   ▽「ううん、大丈夫……タオル暖かくて、気持ちいいよ……」Album[5-05-全]
   ▽「もう……あたしだって瑞穂ちゃんがこんなに強引だなんて…思わなかったわよ」Album[4-04-v2]

▽「あぁぁ〜〜〜っ! あ、あたしのサラダ……うう……」Album[1-09-v33]

▼ ……どうやら、学院祭が始まったみたいだ。午後は劇があるから見て回れないし、行ってくるなら今かな。
 【選択肢:一人で出掛ける(↓) / まりやに話しかける / 紫苑に話しかける(し+1)】

  ▼ あれ? 今のお店って確か……
   【選択肢:ロザリオショップ(か+1) / ティールーム(ゆ+1)】

▽ 暗闇の中ゆっくりと幕が上がり、舞台から朗々と圭さんの声が響き渡る。髪の毛を束ねて、男役になりきっているようだ。Album[2-12-全]

▽「きゃ…………んっ?!」Album[6-03-全]



第六話:落ち葉の軌跡 雪の降誕祭
▽「ありがと……お、あったまりそうね……」Album[1-09-v35]

▽「……ここからは校庭がよく見えるんです」Album[1-13-v4〜v6]

▽「いいえ…私、お姉さまに、いっぱい…いっぱいもらいました……離れたくなくなってしまうくらい……」Album[2-03-全]

▽「…………紫苑さんっ?!」Album[1-14-v2]



第七話:失くした鍵
▽「あ〜あ、もう冬休みはお終いかぁ……短い、やっぱ短いって……」Album[1-04-v16]

▽「まあ、瑞穂さん……」Album[1-11-v1〜v2]

▽「お願いです瑞穂さん……もうやめて、もう、やめて下さい………」Album[1-11-v6,v8]



最終話:明日への扉
▽「えっ、お、お姉さま…どうかなさったのですか?」Album[1-09-v32]

▽「でも……私も、最後まで学院に行きたかったです……」Album[1-11-v3〜v5]

▽「そん……な…………そんなことって…………!」Album[1-03-全]

▽「そ、そんなに笑わなくても宜しいじゃありませんか……」Album[1-11-v7]

☆ 紫苑お姉さまHシーン1[SCENE:02]
 ▽「ずっと…心の奥で夢を見ていました……あなたにそう呼んでもらえること……」Album[4-07-v3〜v4]
 ▽「ご、ごめんなさい…こんな事になるって解っていれば、僅かなりともお勉強しておきましたのに……きゃんっ?!」Album[2-05-全]
 ▽「み、瑞穂さんっ……こ、こんな格好、は…恥ずかしいです……っ…!」Album[2-06-全]



an Epilogue:三月
▽「ふふっ、大受けですわね」Album[1-12-v8]

▽「に〜〜〜〜っ!」Album[4-15-v1]

▽「全く、ロクに連絡も寄越さないのですから,あなた方は………」Album[2-07-全]




 
<< Back to MenuPage